日本拳法連盟 青葉拳友会
by dohi-column


拳(コブシ)と拳(ケン)の違い 

 日本拳法は拳(コブシ)の法と書きます。
実戦での突きや打ち技攻撃には、正確な握りのコブシが大切です。
そのコブシを正拳の直突きで拳座を突き鍛える事によって、
偉力が加わり始めて拳(コブシ)が拳(ケン)に変わります。
野球のボールに例えると「コブシ」は軟球で「ケン」が硬球と云う事になります。
自ずと相手に与える衝撃力の差がわかると思います。

 高段者が下級者に対して防具稽古をつける時、下級者の面部を強く突くと、
打撃痛で恐怖心を持つことがあり、その後の防具稽古を避けたがり、
上達が遅れる事があります。そのような事を防ぐために、初心者に対しては、
突く瞬間に手の握りを軟球である「拳( コブシ)」状態に戻し、
相手に対する衝撃を緩和させる必要があります。
高段の者には相手によって手の握り方を程よく調整することも
技術の一つとして求められるのです。

 闘犬の世界で「咬し犬」の話を聞いた事があります。
若い内は犬歯が鋭く敵を倒す力があり横綱を張った闘犬でも、
年を取ると犬歯が丸くなり、殺傷力が弱くなる為に引退を余儀なくされます。
しかし依然として闘争心と闘うテクニックは身に付いている上に、
相手を傷つけにくい事から、若い闘犬の訓練相手と重用されるそうです。
元横綱のテクニックを学ぶことが、より強い闘犬として成長する
近道とも云えるのでしょう。それはどこか我々の世界と似ています。
[PR]
by dohi-column | 2007-02-28 00:00
<< 構えについて 挨拶は心のキャッチボール >>